電子印鑑

イメージ画像

皆さんは電子印鑑という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
初めて聞いた人なら、電卓のような印鑑を想像してしまう人もいるかもしれませんね。

電子印鑑とは、以前なら紙でしか保管を許されなかった書類などもデータ化した状態で保管が可能になったために、注目されている印鑑です。
基本的には、インターネット上でメールなどに添付した書類に電子化された印鑑を押すわけです。

それでは簡単に偽造されてしまうのでは? と思ってしまいますが、書体もそれぞれに手を加え、独自のものを使ったりしていることがほとんどです。
また、その印を押した日付なども電子印鑑にはデータとして残っており、それによって、不正をさらに防ごうという狙いがあるのです。
要するに、印鑑なら他人に渡してその人が押すといったことで不正利用も可能ですが、電子印鑑の場合はそれが防げるというわけです。

これは非常にすばらしい機能といえるでしょう。
インターネットによる犯罪を防止するきっかけにもなるはずです。

同じようにサインも電子化がすすんでおり、世界各国で電子化の署名が役立ってきています。
通常の印鑑より、セキュリティー面が完全に上回る日も近いかもしれません。
そうなると、私たちが印鑑を使う機会というのはだんだん減ってきてしまうかもしれませんね。
そうなると、印鑑は更なる活躍場所を求めなければいけません。
紙がいつの日か無くなる時代がくれば、布や食品といったものを対象にして可能性を広げていく必要がでてくるかもしれませんね。



このページの先頭へ