印鑑は他国の人から見える新鮮な文化

新鮮イメージ

ずうっと同じ文化に慣れ親しんでいるとそれが自分にとって普通のことに思ってしまい、つまらなく感じてしまう場合があります。
そのため、新しい刺激や経験を求めて、別の地域へ行ったり、別の国に行ったりする人もいるでしょう。

これは、特定の人に限ったことではなく、誰にだって起こりうるものです。

ただ、それを一時的なものとかんがえるかどうかは、人によって違うということです。
場合によっては、別のものに慣れようとしたけれどうまく行かず、結局慣れ親しんだところへ戻ってきてしまうこともあるのです。

ですが、別の文化に憧れを持つというのはいいことです。
他のものを知ることで、自分の普段の文化にもそれらを生かした新しいものが加わるようなこともあります。

特に、多国間の文化を取り入れるような考え方は普段日常的に行われていますからね。
そうして、自分達の文化もより洗練されていくのでしょう。

印鑑の文化というのも、日本ならではの文化といえます。
日本人にとっては決して珍しくないものですが、他国の人から見れば、今まで見たことも無かったような新鮮な文化にみえることでしょう。

印鑑は他国で使われたとしても、非常にメリットの高いものだといえますから、他国の人が印鑑に興味を持って、自分の国へ持ち帰り印鑑の文化が他国でも評価されるようになると面白いかもしれませんね。
そうすれば、世界中の人たちが自分の印鑑を持っていても珍しくなく、日本の文化が世界に広まる可能性だってあるのです。

ページの先頭へ