大事な場面では印鑑だ!

イメージ画像

日本人は、印鑑を特に大事にする習性があります。

これは日本の文化に基づいた考え方ですから、当然といえば当然でもあります。
重要な書類を交わす際には、必ずといっていいほど印鑑が必要になりますから、とても大事なものなのです。
これをなくしたり、壊してしまったりしないように、厳重に管理しておく必要があるのです。

印鑑は小さく、油断しているとどこにしまったのかわからなくなってしまうこともあります。
どうしても見つからないようなときは、登録している印鑑をすべて別なものに登録しなおす必要があるのです。

ですが、これほどまでに印鑑に執着するのは日本人だけかもしれません。
他の国では、基本的にサインが印鑑がわりとなりますから、印鑑を使うといった風習は無いのです。
そのため、海外の人から見れば、印鑑は日本独特の風習であるように見えることでしょう。
他の国の人が、もし日本で重要な書類手続きをするような場合には、当然印鑑が必要になります。

日本人じゃないから、もっていなくていいというわけにはいきません。
日本の手続きならば、日本の風習に合わせなければいけないのですから、他国の人も印鑑を用意することが必要となるのです。

もちろん、他国の人であっても印鑑を日本で作ることは可能です。
その場合、日本語で彫ってもらうことになりますから、英語の名前の人でも、カタカナで彫ってもらったりするのです。
日本人というよりは、日本という国がもつ風習ですから、日本を訪れる他国の方は、そういったことを頭に入れておく必要がありますね。



このページの先頭へ